お金がたまる上手な貯金の仕方

お金がたまる上手な貯金の仕方

月末になると支払いにハラハラドキドキする。
節約しているはずなのに貯金ができない。

 

そんな人のために、必ずお金がたまる上手な貯金の仕方を教えます。

 

私の経験談と勉強をした知識ですので合わない人は無理にやらなくてもいいですよ。

 

 

まず、よく言われることですが貯金は天引きにすることです。
定期積立など、給料が支払われたら自動的に貯金口座に移されるようにしておくと確実に増えます。

 

それが無理なんだよ!という方でも無理をせず5,000円からでもやってみるとその効果を実感できるはずです。
5,000円も捻出できないという人は少ないと思いますから!

 

私は2万円の定期預金をやっていますが気が付いたら3年目に突入で40万近くたまっています。

 

 

あと大事なのが家計簿ですね。
ざっくりでもいいので収支を把握することで無駄を省けます。

 

節約節約!
と主電源をこまめに切っても、缶ジュース我慢してもなかなかお金が残りません。

 

そういう方は、節約!といっている割に、大きな買い物をどどーんとしてしまったり、外食などが多かったりします。

 

家計簿をつけるとそういう無駄も見えてくるのでつけてないならぜひつけてくださいね。

 

また、お金には「消費」「浪費」「投資」という3つの使い方があります。

 

消費というのは食費など必要なもので、投資というのは将来お金やお金に代わるものが返ってくることです。

 

で、一番いけないのが浪費。
ストレス解消といいながらいろんな浪費をしていませんか?
浪費をゼロにするのは難しいですが、財布を開けてお金を支払うときに、「これは浪費ではないか?」と自問してみてください。

 

お金の使い方が変わっていくと思いますよ。


スポンサードリンク

関連ページ

学生でもできる貯金方法
大学生や専門学生でもできる貯金の仕方を教えます