簡単で上手な家計簿の付け方

簡単で上手な家計簿の付け方

節約して貯金を増やそうと思ったら家計簿は必須です。
でも、家計簿って面倒くさいしどうやってつけたらいいのかわからない。

 

そんな方も多いと思います。
わかります!その気持ち。

 

今日は簡単で上手に家計簿をつける方法を教えますね。

 

 

 

まず家計簿ですが、そこまで正確につける必要はありません。
会社の経理なら1円単位できちっとつける必要がありますが・・。

 

とりあえず大まかに出費を分類することから始めましょう

 

・食費
・生活用品
・習い事
・光熱費
・通信費(PCや携帯)
・家賃
・クレジットカード
・交通費

 

 

などでしょうか?

 

お買い物をしたときに貰うレシートはすべてとっておきます。
そして、レシートごとに分類すれば簡単です。

 

たとえば、食品店で買った物すべて「食費」として計上する。
こうしておけば、商品一つ一つ分類しなくてもいいので面倒くさくないですよね。

 

 

ですので、食品店(スーパーなど)でトイレットペーパーなどの生活用品を買ってもそれは食費!
そんな感じで割り切るとかなり楽になります。

 

意外と帳尻が合うものです。
スーパーで生活用品を買うときもあれば薬局や生活用品店で食品を買うときもありますから。

 

性格的にそれが嫌だという人は、レシートの一つ一つ分類すればいいと思います。

 

 

そうすると、ほんとにざっくりですが、食費や生活費がいくらかというのが分かります。
そうなればどこが使いすぎなのかが見えてきます。

 

 

あと、もう一つポイントですが、出費を「消費」「浪費」「投資」という3つに分けるといいですよ。

 

出費は、必要なもの
浪費は必要じゃないけど使ってしまったもの
投資は将来自分のためになるもの

 

そんな風に分けて浪費をなるべく減らしていくことを考えましょう!


スポンサードリンク

関連ページ

家計簿の科目。最低限これだけはつけろ!
家計簿の科目の最低はこれだけでも抑えておくことと細かくつけたら近だけあるよ〜って記事
4人家族の食費って一体いくらかかるの?一人あたりの平均食費額算出しました
4人家族の食費って一体いくらかかるの?一人あたりの平均食費額算出しました
一人暮らしの光熱費の平均はどのくらい?
一人暮らしの光熱費の平均はどのくらい?
自炊している一人暮らしの食費の平均は?
自炊している一人暮らしの食費の平均は?
続けられる家計簿のつけ方
家計簿の付け方について教えちゃうよ!続けなければ意味がない